2018-03-11から1日間の記事一覧

満蒙開拓少年義勇兵、島倉健吾さん

敗戦の翌年、一人の青年が県庁を訪ねてきた。ソ連の侵攻後日本軍に見捨てられた「満州」から命からがら帰還したものの身寄りがなく、途方に暮れてのことであった。島倉健吾さんといった。たまたま応対したのが当時県庁の職員だった私の父である。父は、満蒙…